幸せを作る方法【ドーパミン】

全ての人間は幸福を求めて生きているといいます。

人間は脳内物質である「ドーパミン」を分泌する時
幸福を感じています。

ゆえに、ドーパミンは、幸福物質と言われています。

つまり
全ての人間はドーパミンを求めて生きている
と言えるかと思います。

ドーパミンを知ることによって
より幸せな人生を過ごすことができると思います。

ドーパミンが分泌される時

簡単に言うと
「人は欲望を満した時、ドーパミンを分泌し、幸福を感じる」
ということになると思いますが、
下記の時にドーパミンが分泌されます。
(※欲望というと聞こえが良くないかもしれませんが、一番当てはまると思い以下でも使用します)

•目標を達成した時
•目標に取り組んでいる時(ワクワク)
•目標や計画を立てた時。
•欲求が満たされた時。
•欲求が満たされると分かった時。
•精神的報酬を得た時。(楽しい、嬉しい、愛される、褒められる、何かを達成する)
•運動する。
•新しい方法で行う。
•新しいことにチャレンジする。

ドーパミン分泌時、どういう感情なのか?

ワクワク、ドキドキがドーパミン分泌時の感情です。

そこまで「ワクワク、ドキドキ」でなくても
少しでも楽しい感があればドーパミンが出ていると思います。

また、
ドーパミンが出ている時は、
集中力、記憶力が高まりますので、
そのような集中力、記憶力が高まる行動をしている時は、
ドーパミンが出ている行動だという判断もできると思います。

ドーパミンは適度な目標で分泌される

難しすぎる目標だと分泌されず、今までしたことあることや既にできることなどの簡単な目標だと分泌されません。
少し難しい、成長すれば手が届きそうな目標だと分泌されます。
人間はドーパミンを求めて少しづつ成長していけるよう出来ている様です。

人はドーパミンで成長する

今までの上記内容で
ドーパミンは同じことをしていると分泌されず
少し難しいことや新しいことをすると分泌されるということがわかりました。

つまり
人間はドーパミン分泌(幸福)を求めながら成長していく様にできているのです。

よって
ドーパミンを分泌しながら目標達成をしていくサイクルを回すことが
人間が幸せに生きていくために大事なことだと言えます。

ドーパミン分泌のサイクル

1.明確な目標を立てる

ワクワク、ドキドキする目標を立てる。
大きすぎたり、簡単すぎる目標はドーパミン分泌しないので気をつける。

2.「目標を達成した自分」をイメージする

明確にイメージできる方がドーパミンがでる。
どれだけワクワク、ドキドキするかによって目標分泌量が変わる。

3.目標を繰り返し確認する

繰り返し確認してドーパミンを補給

4.楽しみながら実行

楽しむとドーパミンが出て、楽しい、快の刺激を人間が欲するので、また実行していけます。

5.目標達成したら自分にご褒美

目標達成でドーパミンが出て、その時に自分にご褒美を与えると、次のご褒美のためにとドーパミン分泌のサイクルができます。
ご褒美の中でも「褒められる」のは脳にとって最高の報酬とのこと、でも目標達成した時以外に褒めると、ドーパミン分泌サイクルができず逆効果になるかもしれないので気をつける。自分にも他人にも目標達成時に褒めてあげましょう。

6.すぐに「新しい高い目標」を設定する

ドーパミンはもっともっとを好みます。目標達成したらより高い目標を設定し続けドーパミンを出し続ける。

7.「目標達成のプロセス」を繰り返す

容易な方法でのドーパミン分泌に注意

パチンコ、過剰な買い物、覚醒剤など、容易な方法でドーパミンを分泌すると、それがないとドーパミン分泌ができないので、ドーパミンを得るために依存症になることがあります。

そのため、目標達成サイクルの中でドーパミンを分泌することが、一番良いと言えます。

また過剰分泌も他の病気に繋がるとのことですので気をつける必要があります。

幸福の定義

「ドーパミン分泌=幸せ」という内容は、ハーバード大学タル・ベン シャハー教授の「真の幸福」の定義に重なります。

今と未来の欲望を同時に満たす時、人間は真の幸せを感じます。
これは今ドーパミンを分泌する喜びのある活動をしながら、未来の目標(または人生の目的)に向かっていると実感しながら更にドーパミンを分泌している。という状態のことだと思います。

・今だけの欲望しか満たしている「快楽型の幸福」は、ドーパミン依存症になる様な分泌の仕方。

・未来の欲望しか満たしていない「出世競争型の幸福」は、目標達成の時しかドーパミン分泌がない分泌の仕方。

・意義(未来の欲望)*喜び(現在の欲望)=本当の幸せ

・未来のためのドーパミン*現在のためのドーパミン=本当の幸せ

詳しくはこちらの本をお読みください。

まとめ

容易な今だけの欲望のためのドーパミンの出し方は、今しか欲望を満たせないため、その行為を継続的に求めなければ幸福感を得られない。そして、その行為の依存症になることもある。
目標達成サイクルの中のドーパミン分泌が、より幸福になれる分泌方法

ワクワクする自分の人生の目的を設定し、ワクワク目標の達成サイクルの中で、ワクワクする様行動していく。そのドーパミン分泌サイクルの中で
現実可能な少しだけ難しい目標を達成し続け、一つ一つ成長していく。
それが一つの幸せの法則
です。

今までの上記内容は、ほぼこちらの本から学んだことです。
詳しくはそして正しく理解するために、
どうぞこちらの本を読んでください。