敬天愛人という言葉

西郷どん、西郷隆盛氏の2つの言葉

天を相手にし、人を相手にするな。何事も天のために行え。他人を責めず、自分の誠の足らないところを探せ。

「天を敬い、人を愛する(敬天愛人)」

これらの言葉は

「天を愛して、天の立場で人を愛する」
という意味だと私は解釈してみた。

そして
全てを天の立場で行い、天の立場で自分を反省し改善し、全てを天に帰する。

ですが、「天は何を願っているのか」が分からないと、どのように生きたら良いか分からない。「天」とは何か。

「天とは、ご先祖様であり、お天道様(おてんとう様)である。そこに全てを帰する。」
と私はそう解釈し

「敬天愛人」
を内に秘め、学び、反省し、成長していきたい。

読んだ本